永久脱毛は体に悪いという説があります。 しかし、これは永久脱毛することが、体に有害だということではありません。 毛が生えてこなくなることは、別に体に悪い訳ではないのです。 では、なぜ永久脱毛が体に悪いという説があるのかというと、永久脱毛をする方法にあります。 近年の永久脱毛の主流は、レーザー脱毛です。 レーザー脱毛は、医療機関で行われている脱毛方法なのですが、だからと言って絶対に安全とも言い切れません。 レーザーは黒色に反応するため、日焼け後の肌にレーザーを当てると、火傷をする可能性があります。 また、デリケートな部分にレーザーを照射した場合にも、肌や粘膜に負担をかけてしまうことがあるでしょう。 もう一つの永久脱毛の方法として、ニードル脱毛が行われることもありますが、ニードル脱毛はとても痛いことで知られています。 それに、毛穴に針を刺して電流を流すため、確かな技術を持った施術者が行わないと非常に危険です。 以前に比べると、永久脱毛する際の肌トラブルは減ってきています。 でも、全くないという訳ではないので、クリニック選びは慎重に行いましょう。